FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき

旅日記を最後まで読んでいただきありがとうございました。


え? まだ読んでない?

ちょっと長すぎると思うので気が向いたら読んでみてください。。



私は大峯奥駈道の縦走に始まる今回の旅をするにあたって、
実は自分の中でいくつかテーマがありました。

テーマというより検証といった方が正しいかもしれません。


これから書くことはスピリチュアル的な、精神世界的な話になるので、
場合によっては私が意味不明のことを言っていると思われる人もいるかもしれませんが、
その時は適当に読み流してください。

ただ、何かしらの気づきがあれば幸いです。



さて、その検証とは

1、自分が生かされているということを実感すること。

2、宇宙は、必要なものを必要な時に必要なところへ与えてくれるということ。

3、人間はわずかな食事で生きていけるということ。


この3点です。


1をもう少し具体的に書くと、たとえば、
自分の人生は自分の意思で生きているというのは疑いようもないことですが、
もし人間には運命や宿命があって、この世で何かしらの使命があり、
まだ自分にはやるべきことがあり生きなければならない運命にあるなら、
極端な話、死ぬか生きるかという極限の状況に遭遇したとしても、
目に見えない何か大きな力によって強制的に生かされるのではないか、
ということです。

ここまで極端でなくても、
毎年必ず何人か行方不明者や亡くなる人が出る大峯奥駈道を
ただ無事に踏破したというだけでも、
それは何かに導かれ生かされたと捉えることもできると思うのです。



私はゴールデンウィークのような人が多い時ではなく、
なるべく平日の人が少ない時を選んで観光や外出をするタイプで、
できれば今回の旅もそうしたいと思っていたのですが、
いろんな状況が関係して、気が付いてみたらどんぴしゃで
連休にかぶってしまいました。

しかし、今回の旅に関しては
偶然にも人が多いゴールデンウィークだったからこそ
何事もなく無事に本宮までたどり着けたのではないかと思っています。



まず、私は地図を持っていませんでした。

これはただの準備不足という単純な理由だけではなく、
もし何かに導かれているとするならば、
逆に地図など必要ないのではないかという思いが頭の片隅にありました。

さらに当日の朝にルートを決めたということもあり、
1週間かけて縦走する大峯奥駈道の情報はゼロに等しい状態でした。


縦走の途中、私はいろんな人に出会い、その人たちに地図を見せてもらい、
その人たちからいろんな情報を収集することが出来ましたし、
さらに何度か道を見失って誤った方向へ進みかけた時も、
人がいたことで正しい道に戻ることが出来たという場面もありました。



また、私は食糧をカロリーメイトの類しか持って行きませんでした。

これもただの準備不足という単純な理由だけではなく、
人間はどれだけ食べ物の影響を受けているのか、
つまり少しの食事でも問題ないということの検証と、
もし私に食べ物が必要なら、
必要なものは必要な時に必要なところへもたらされるという
宇宙の法則が働くはずだという考えがなんとなく頭の片隅にあり、
結果、食糧はカロリーメイトだけになってました。



まず、必要なものは必要な時に必要なところへもたらされるという部分について
これは旅日記を読んでいただければわかると思いますが、
ありがたいことにその通りの出来事が何度も起こったと私は実感しています。

これは食糧という狭い範囲のことだけではなく、
人との出会いやその人たちから得た情報、
さらにその人たちのやさしさなども含まれます。


しかし、人間は少しの食事でも問題ないという件に関しては、
これも旅日記を読んでいただければわかりますが、
実際のところは、私の場合しっかりと十分な食事が必要だった
という気づきに至りました。

私は少しの食事でも問題ないと思い込んでいたのでしばらく気づきませんでしたが、
後から考えると衰弱していたのは明らかで、私に食べ物が足りていなかったからこそ、
ありがたいことに道中何度か食糧をいただくやさしさに恵まれたのだと思っています。



あらためて繰り返しますが、これらすべてのことはゴールデンウィークという
人が多いタイミングだったからこそ起こり得たことだと思っています。


もし逆にゴールデンウィークじゃなくて、
人のほとんどいない平日に行っていたとしたら私はもっと衰弱していたはずですし、
道を見失ってどこか山の中に迷い込んでいたかもしれません。

それよりも何よりも、出会って話をすることで
私はいろんな人から元気をいただいた気がしていますが、
それがなかったらさらに過酷な旅になっていたと思います。



天候や日程など自分を取り巻くあらゆる状況をすべて必然と考えるなら、
私は今回の旅で、導かれ生かされたと自信を持って言うことが出来ます。



こんな感じで私は熊野古道の旅でいろいろな発見や学びがあったわけですが、
その中でもとても大切な気づきが一つありました。



それは・・・


焦らずゆっくりと着実に落ち着いて一歩一歩進んで行けば、
たとえどんなにしんどい道であろうといつかは終わりが来るということ。


100キロ以上の山道を歩くなかで、そんなことをあらためて気づかされました。


逆に言えば、歩かなければ終わりは来ないということです。

だからどんなに肉体的、精神的にきつくてしんどかったとしても、
とりあえず足を一歩前に踏み出す。

嫌だろうが楽しかろうが動くしかなく、
とにかくどんな道だろうと前に進まなければ終わりはない。



重要なことは、足を一歩前に踏み出すことなのです。



一歩前進すれば、一歩ゴールへ近づきますが、
立ち止ったままなら何も状況は変わりません。


とにかく一歩でも前に進む。少しでも動く。

そうすれば自分の位置が変わり周りに見える風景が変わり、
自分を取り巻く状況が変わってくるのです。



おわかりだと思いますが、これはもちろん山道を歩く時だけの話ではありません。

人生のいろんな場面に言えることだと私は思っています。



どんな状況であろうとそれに感情を振り回されることなく、
いたって平静な心で着実に一歩一歩前進する。

そんな心の強さを、私は今回の旅で少しは養えたような気がしています。

スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

おすすめ

【2人用ドームテント】

熊野古道の歩き旅で私が使用していたテント。軽量コンパクトで、さらに激安!
値段はいちばん安いお店でなんと1,300円くらいです!
>>詳細はこちら
熊野古道お役立ち本
目次
カテゴリ
おすすめ
おすすめ

★イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-2
コンビニでも手に入るカセットガス使用の軽量コンパクトシングルバーナー。キャンプ、登山、災害時の火の元確保に最適。



★バイオレッタ・ソーラーギア
乾電池のソーラー充電器です。太陽光で2本のニッケル水素電池(単三、四)を充電できます。



★Honda カセットガス発電機 エネポ EU9i GB
カセットガス燃料により手軽で簡単に扱えるハンディタイプの発電機。建築や日曜大工の電動工具の電源、アウトドアでのレジャーや災害時の非常用電源としても活躍しそう。



★ソーラー付きポータブルバッテリーセット
アウトドア、キャンピング、災害時の非常用電源などに。直流3V、5V、6V、9V、12V、AC100Vまで対応。USB端子、100VAC、シガーソケット付き。
リンク
ソーシャルメディア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ユーザータグ

熊野古道 世界遺産  大峯奥駆道 登山 大峯山脈 吉野 神社 山岳信仰 中辺路 地図 自然崇拝 熊野那智大社 山上ヶ岳 大峰奥駆道 神倉神社 大門坂 高野山 小雲取越 熊野速玉大社 大雲取越 那智の滝 

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。