FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野古道とは

知っているようであまり知らない熊野古道


熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道のことで、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」のとしてユネスコの世界遺産(文化遺産における「遺跡および文化的景観」)に登録されました。

熊野古道のある紀伊半島は日本でも有数の降雨量の多い地域。そのために道の舗装に用いられた石畳が今も残っているところがあり、そのイメージで熊野古道を知る人も多いかもしれません。

江戸時代には、熊野詣は伊勢詣と並び全盛期をむかえ、広く庶民が行うようになったといわれています。一時は、熊野付近の旅籠に1日で800人の宿泊が記録されたこともあったそうですが、明治維新後の神仏分離令により熊野古道周辺の神社の数は激減し、熊野詣の風習も殆どなくなってしまったということです。

熊野古道自体は、大正から昭和にかけて国道が整備されるまで、周囲の生活道路として使用されつづけていたそうです。


熊野古道と宗教


紀伊山地は日本書紀にも登場する自然崇拝の地で、昔から神々が住む特別な地域と考えられていました。

大陸から伝わった仏教も、深い森林に覆われた山々を浄土に見立て、山岳修行の舞台としました。

その結果、紀伊山地には、それぞれ起源や内容の違う「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの霊場とそこを結ぶ参詣道が生まれ、都をはじめ全国から人々の訪れる所となったわけです。

こういう歴史を踏まえて世界遺産の登録名、『紀伊山地の霊場と参詣道』をあらためて見ると、単なる「社寺と古い道」ではない、「山岳信仰の霊場と山岳修行の道」としての熊野古道が見えてくると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

tag : 熊野古道 世界遺産 高野山 吉野 山岳信仰 自然崇拝

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おすすめ

【2人用ドームテント】

熊野古道の歩き旅で私が使用していたテント。軽量コンパクトで、さらに激安!
値段はいちばん安いお店でなんと1,300円くらいです!
>>詳細はこちら
熊野古道お役立ち本
目次
カテゴリ
おすすめ
おすすめ

★イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-2
コンビニでも手に入るカセットガス使用の軽量コンパクトシングルバーナー。キャンプ、登山、災害時の火の元確保に最適。



★バイオレッタ・ソーラーギア
乾電池のソーラー充電器です。太陽光で2本のニッケル水素電池(単三、四)を充電できます。



★Honda カセットガス発電機 エネポ EU9i GB
カセットガス燃料により手軽で簡単に扱えるハンディタイプの発電機。建築や日曜大工の電動工具の電源、アウトドアでのレジャーや災害時の非常用電源としても活躍しそう。



★ソーラー付きポータブルバッテリーセット
アウトドア、キャンピング、災害時の非常用電源などに。直流3V、5V、6V、9V、12V、AC100Vまで対応。USB端子、100VAC、シガーソケット付き。
リンク
ソーシャルメディア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ユーザータグ

熊野古道 世界遺産  大峯奥駆道 登山 大峯山脈 吉野 神社 山岳信仰 中辺路 地図 自然崇拝 熊野那智大社 山上ヶ岳 大峰奥駆道 神倉神社 大門坂 高野山 小雲取越 熊野速玉大社 大雲取越 那智の滝 

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。