FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心見茶谷跡 - 小笹(旅日記 2日目)

朝5時すぎに起きる。寒くてあまり熟睡できなかった。

6時20分ごろ、とりあえず四寸岩を目指して出発。

毎日その日の宿泊地をどのあたりにするか、
あらかじめだいたいの予定を立てておくのが普通かもしれないが、
なにしろ地図を持っていない私にとってはまったくの未知の土地なので、
道標を頼りにただひたすら前に進んでいくだけだ。


出発地の心見茶谷跡から四寸岩山頂まではひたすら登り。

数日前から続く咳のせいか、これまた数日前から続く寝不足のせいか、
それとも重い荷物にまだ慣れていないのか、
登り始めてまだ間もないというのにすぐに息切れがして、頭がボーっとしてくる。

そのため、ちょくちょく休憩が必要だった。

意外なほどにしんどく、どうしてこんなところに来てしまったのか、
迷った末に奥駆道に来たが、もう一つの候補地だった小辺路に行った方がよかったんじゃないか
といったネガティブな思考がこの時は頻繁に出てきた。


やっとの思いで四寸岩山頂にたどり着き、ちょっと長めの休憩をしていると、
大きなバックパックを背負った人が登ってきて、休憩もせずに足早に進んでいった。

それを見て、こんなにのんびりしていていいのだろうか、という気になり私も歩き始めた。


そこから少し先へ行った足摺の宿跡というところに行くと、
さっきの大きなバックパックの人が休憩をしていたのでちょっと話しかけてみた

話によるとその人も私と同様、奥駆道を縦走するらしく、
5月1日の今日吉野を出発して5月5日までに本宮を目指すということだった。

つまり、4泊5日の行程だ。

4泊5日!?
早くても1週間、普通は10日間くらいかけて歩くルートだと私は思っていたので、
ちょっとびっくりしてしまった。

「5泊6日で行くのが標準らしいですよ」とその人。

5泊6日!?
そんなもんで行けてしまうのか~!

私は10日間くらいを覚悟していたので、その日程を聞いて少し嬉しくなってしまった。

今日は小笹というところまで行くという話だった。



人と話したことで少し元気が出て、
しばらく足取りも軽くなったような気がしていたが、やっぱり疲れやすい。

息切れしたり、疲れを感じるのでたびたび休憩をすると、すぐに眠気がおそってくる。


山道の途中にあった沢でなくなりかけていたペットボトルの水を補給。
そして歯磨きと洗顔をして気分をリフレッシュ。
一応自然に配慮して、私は歯磨き粉やせっけんは使わなかった。


女人結界門がある五番関というところで、また少々長めの休憩。
ベンチに横になってうとうとしていると、いつの間にか30分くらいたってしまった。

五番関の女人結界門
五番関の女人結界門=「女」の文字が意味ありげに破壊されている


なんだか体調がすぐれないな~、と思いながらも、頑張って足を前に踏み出す。


道をふさぐ大木
道をさえぎる大木


昼ごろ桐辻茶屋に到着。
茶屋のスタッフらしいおじさん数人が忙しそうに動き回っている。
昼時だというのにお客さんが見当たらない。
どうやら小屋開けの準備をしているようだ。


私はカロリーメイト以外のものを食べられるなら何か食べておきたいと思い、
まだ準備中の雰囲気の茶屋のおじさんに何か食べるものはあるか聞いてみた。

うどんくらい食べられると思っていたがまだ準備ができていないらしく、
カップラーメンだったら出せるということだった。ちなみに値段は400円。

山の上の売店で値がはるのは仕方ない。
私は迷わずカップラーメンを食べた。

翌日(5月2日)の山上ヶ岳頂上にある大峯山寺の戸開式に合わせてわんさか人が来るらしく、
そのためこの茶屋も明日から忙しいのだそうだ。

食べながらおじさんといろいろ話し、情報収集もできた。

こうやって人と話をするたびに元気をもらっている気がする。


このあたりから慰霊碑や記念碑、行場などが目立ち始め、
修験道の聖地という雰囲気が色濃くなってきた。

くさり場
くさり場もある

鐘掛岩からの眺望
鐘掛岩からの眺望

西の覗
西の覗


山上ヶ岳の山頂にある大峯山寺には15時ごろに着いた。
やっとたどり着いた~!とりあえず第一関門突破!という気分だった。

お寺の人たちはいろいろと明日の準備をしている様子だ。

山上ヶ岳山頂
山上ヶ岳山頂

大峯山寺本堂(山上蔵王堂)
大峯山寺本堂(山上蔵王堂)=戸開式の前日でまだ戸が開いていない


ここまで来たはいいけど、ここからどこに進んでいったらいいのかわからない。
ちょうど本堂の前で休憩している人が一人いたので話をかけてみた。

その人は登山経験豊富なようで、トレーニングがてら毎年この大峯奥駈道を縦走しているらしく、
それだけでも驚きなのになんと本宮までの全行程をたった2泊3日で行くという話を
さもそれが何でもないことのように話していた。すごいね。

今日はこれから行者環小屋というところまで3時間くらいかけて行くんだとか。


この人からはいろんなことを教えてもらいとてもた助かった。

その中でも、熊野本宮に着いたらそこから請川というところまで行くと中華料理屋があり、
そこでは宿泊もできるという話と、那智大社の最寄り駅の那智駅では風呂が入れるという話は、
私のこの先の歩き旅の原動力になった。



16時ごろに避難小屋がある小笹に着いた。すでにテントがあちらこちらに張ってあった。
どうやらここはテント場として有名なところみたいだ。

まだ明るいし早いのでもう少し先に進むか迷ったが、
小笹には美しい沢が流れていて、ちょうど西日もあたり素敵なところだったので、
この日はここにテントを張ることにした。


ただ、このあとちょっとした事件発生。

夜の寒さに備えて、少しでも寝袋を温めておこうと西日の当るところに置いておき、
しばらくしてから取りに行くと風で飛ばされていて、なんと一部が沢の水に浸っているではないか!

なんということだ~!!まったくツイテない。

急いで絞って干してみるが、すでに太陽は沈みかけていたので乾くわけなく、
タオルで水分を吸収するなどいろいろと工夫して、なんとか寝ることができた。


【本日の食事】
朝:カロリーメイト1箱
昼:カップラーメン
夜:バランスパワー1箱

>>熊野古道 大峯奥駈道~中辺路歩き旅日記 3日目

スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

tag : 世界遺産 熊野古道 登山 大峯山脈 大峯奥駆道 山上ヶ岳

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おすすめ

【2人用ドームテント】

熊野古道の歩き旅で私が使用していたテント。軽量コンパクトで、さらに激安!
値段はいちばん安いお店でなんと1,300円くらいです!
>>詳細はこちら
熊野古道お役立ち本
目次
カテゴリ
おすすめ
おすすめ

★イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-2
コンビニでも手に入るカセットガス使用の軽量コンパクトシングルバーナー。キャンプ、登山、災害時の火の元確保に最適。



★バイオレッタ・ソーラーギア
乾電池のソーラー充電器です。太陽光で2本のニッケル水素電池(単三、四)を充電できます。



★Honda カセットガス発電機 エネポ EU9i GB
カセットガス燃料により手軽で簡単に扱えるハンディタイプの発電機。建築や日曜大工の電動工具の電源、アウトドアでのレジャーや災害時の非常用電源としても活躍しそう。



★ソーラー付きポータブルバッテリーセット
アウトドア、キャンピング、災害時の非常用電源などに。直流3V、5V、6V、9V、12V、AC100Vまで対応。USB端子、100VAC、シガーソケット付き。
リンク
ソーシャルメディア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ユーザータグ

熊野古道 世界遺産  大峯奥駆道 登山 大峯山脈 吉野 神社 山岳信仰 中辺路 地図 自然崇拝 熊野那智大社 山上ヶ岳 大峰奥駆道 神倉神社 大門坂 高野山 小雲取越 熊野速玉大社 大雲取越 那智の滝 

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。